[2017年2月25日]

美少女AV女優初川みなみの激しいSEXを立体音響で録音したマ●コの膣内音がコチラ

人気記事
[2017年2月25日]

【※衝撃※】巨乳女芸人、素人ナンパAⅤに出てたのバレるwww(画像あり)

人気記事
[2017年2月25日]

芦田愛菜ちゃん、過激濡れ場に挑戦wwwチクビちょっと見えてて草

人気記事
[2017/01/29 22:00]   0コメント

小向美奈子が出所後、性欲が爆発する

小向美奈子が刑務所での生活を語る 禁欲生活で苦しんだ禁断症状

2017年1月10日 6時0分

小向美奈子が語る刑務所独居房生活 「トルストイ」と官能小説を読破

グラビアアイドルが覚醒剤取締法違反で逮捕。その後ストリッパーとAV女優に転身したが、再び覚醒剤で逮捕され、服役することに……。小向美奈子(31)は、まさに「流転の人生」を送っている。2016年12月、ストリップの舞台に戻った彼女が、1年3カ月の刑務所生活を告白する。

「(2015年2月に)逮捕された時は悔しいというより、これも運命だと。刑務所に入れば、色んな事をリセットできる。どこかホッとした思いがありました」

こう語る小向が、栃木刑務所を仮出所したのは16年7月。11月に新作のAVが発売され、12月16日から30日まで横浜ロック座で踊っていた。小向が言う。「刑務所では独居房にいました。というのも入所する際、性的な嗜好を申告することになっていて、私はバイセクシャルの欄に○を付けた。それで独居房に入れられたのでしょう」

■16歳で『人生論』

作業終了後、就寝・消灯まで4時間あったそうで、

「刑務所に入ると禁欲生活を強いられますが、私はさほど苦にならなかった。クスリと言っても、私は中毒になるほど嵌(はま)っていたわけじゃない。むしろ最初苦しんだのはお酒とタバコ。特にお酒です。元々、私は他人と一緒にいることが苦手で、その緊張を紛らわせようと、10代の頃からお酒を飲み始めました。クラブ通いをして朝まで飲み、20代になると、夜12時くらいから翌日の昼までずっと飲み続ける生活をしていた。好きなのは焼酎で、『吉四六(きっちょむ)』をお茶割りでボトル3本、毎日空けていたんです。ですから、クスリではなく、お酒の禁断症状に悩まされました」

独居房での生活は、むしろ他人との接触を断って、独りの時間を確保できるので有り難かったという。

「意外かもしれませんが、房では読書をしていました。刑務所の図書館からトルストイの『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』を借りましてね。『戦争と平和』は4巻もあって、登場人物も多い。最後まで読むのが大変でした。『アンナ……』は、主人公のアンナを通じて、女性の生き方をずいぶん考えさせられた。実は、16歳の時に『人生論』を読みました。私なりに内容を解釈すると、人は恋愛とか宗教、色んなものに頼ったり、酔ったりしないと生きていけない。弱い自分を何かで補って生きるのだ、と。この考えが好きで、塀の中でトルストイを読んだんです」

ハリー・ポッターシリーズも全巻読破したという。

「英国の官能小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』も面白かったです。美しい女子大生が、ハンサムでリッチなビジネスマンと恋に落ちる話ですが、この男にはSMの趣味があって、段々異常な性愛に目覚めていくというストーリー。最近、SMもののDVDの撮影が多いんですが、仕事柄、支配されていく女の子の気持ちが何だか分かるような気がします」

トルストイは「孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる」と言った。小向も独居房で自分を見つめ直すことができたのだ。

ワイド特集「夜明けの鶏(チキン)レース」より

「週刊新潮」2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号 掲載

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12516731/

花弁と大蛇

元芸能人の爆乳女優・小向美奈子の両手を固定、女体の自由を奪い責め堕とす。身動きがとれずにもがく美奈子に男は無言で爆乳を揉みしだく。美奈子は、眉間にシワを寄せて男の強引な性行為に耐えるが次第に全身をビクつかせ、腰をクネらせ、尻をモジモジ振りイキまくる。そしてSEXしたがるまで淫乱になった美奈子のべちゃマンに海老反った極太チンポを挿入すると自ら腰を振り絶頂を繰り返す!

http://www.caribbeancom.com/moviepages/012417-357/index.html

花弁と大蛇

http://www.caribbeancom.com/moviepages/012417-357/index.html

今話題のVR動画をスマホで!!